スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そーして激戦のウエディングドレスのギョーカイ

驚くほどにそのウエディングドレスのギョーカイが熾烈な激戦を続けていることに気付いた。
しあわせを売る商売でもあるけど、やはりウエディングドレスの販売や、結婚式場の業界はいわゆるお金が動く市場があるということであろう。我が国では、そのムカシからハレとケという文化あり、江戸時代などは、9割が農民だったと聞くが、日々のつらく厳しい仕事をいやすべく、ハレというお祭り騒ぎはニッポンジンの習慣としてしっかりと定着していることはたしかだ。それゆえに、結婚というイベントはまさに、ハレの儀式のなかでも最高の祭りごとであったに違いない。
そうした背景からも、ウエディングドレスなどは時代的には昭和に入ってからの市場として台頭してきたものの、そもそも日本人の気質的に晴れやかなるイベント好きとあって、すんなりと受け入れられてドンドンとその市場が拡がったであろうことが想像できる。
そしてさらにウエディングドレスのギョーカイをより苛烈な競争市場に成長させたのはインターネットの登場であろう。ウエディングドレスの格安販売、そうしたショップが徐々に増えていったのはまさにコストセーブを実現したネット環境に依存するものであることはいうまでもなし。
店舗を開くには、さすがに数百万、数千万といったコストがかかるであろうし、仕入れやサービスの質を守るためにも従業員などの人件費も見逃せないだろう。ネット上の店舗であれば、そうしたコストの多くがセーブできる。まさに格安販売の実現可能性をアップさせる時代に突入した証拠であろう。
そうしてウエディングドレスの格安販売店が現れた。ほんのここ10年未満の出来事といえる。多々あるショップのなかでも、わたしはウエディングドレスの格安販売、ブランニューエリーというお店を推したい。格安であることはいうまでもなく、かつ、ギャラリーの写真に見られるとおりに、その客に対するサービスがとてもよいといえそうだ。一度、サイトを訪れるとよい。
スポンサーサイト
最新記事
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。