スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほんでもってウエディングドレスのレキシなんぞ

ちょっくら今宵は「ウエディングドレス」のレキシなんぞに触れてみるぞい。

ウエディングドレスの其の起源はロ~マ帝国のジダイに遡るらしぃ。ヨ~ロッパにキ・リ・ス・ト教がフキュウするとケッコン式は教会で行なわれるようになって、その際に王族や貴族の花嫁が婚姻儀礼用に着用した衣装がウエディングドレスの始まりつーことのよぅだ。中世ではシュウキョウ上の儀式服(クロのドレスとシロのベール)が使われていたんだけんど、18世紀後半頃には花嫁のジュンケツの象徴として白色を基調とスルようになったとサ。元来は~世界の諸民族・諸文化には独自の結婚装束があったよ~だケド、セイヨウ文化の世界的カクサンによりウエディングドレスが広~く普及することんなり、ジュウライのものを圧倒!している例も見られたりするんだべ。タトエバ、東アジアの文化圏においては~白は死装束のイロであり、本来は忌み嫌われ、慶事には避けられたもんの西洋文化の流入と共に、ニッポンはもちろん中国・韓国・台湾などでもジュンパクのウエディングドレスが好まれるよぅになったんだとさ。

我が日本ではぁ、1873年に長崎で磯部於平(いそべ おへい)という女性が中国人とケッコンした際に、初めてウエディングドレスを着用して、其の2年後に森有礼も西洋式の結婚式を行なったとされてるんだけど、トウジの日本にはウエディングドレスはなくって、国外から購入したものであったよう。その後もヨウシキの結婚式はごく一部の著名人に限られたんだとか。イッパん向けとしては~1929年の婦人雑誌に洋装花嫁としてウエディングドレスをショウカイする記事が出たのを嚆矢とするんだけども、トウジの結婚式は神前式・人前式が絶対多数で普及には至らなかった。第二次セカイ大戦後はアメリカ文化の流入で一般にも知られるようになりやんしたが、ウエディングドレスのゼッタイ数が少なく、洋装での挙式を受け入れる体制が不充分だった事もあったりで、1960年頃でもウエディングドレスの利用者は全体の3パーセント程度であったんだとサ。しか~し西洋ブンカへの根強い憧憬、服装をはじめとする生活様式の洋風化、また和装の花嫁衣装に比べて廉価で着用も容易であるなどの利点があったりもして、イッポウで桂由美 松居エリらにより供給側のジュウジツも図られ、六十年代後半から八十年代にかけて急速に普及して和装を圧倒し、花嫁衣装の主流を占めるに至ったっつーのがウエディングドレスのレキシだ。
スポンサーサイト
最新記事
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。